NEWS & TOPICS

2018.03.27近作を振り返って #07

 

歯科石井醫院  改修工事

 

歯科石井醫院  改修工事

 

 

歯科石井醫院  改修工事

 

築約100年の古民家を改修し、歯科医院兼住居として生まれ変わった建物。
地域医療の場として長年に渡り地元住民に愛され、現在までその姿を残してきたものを大切に継いでいきたいというクライアントの思いに応えるべく、構造体を一度スケルトン状態に。解体途中で土台や柱の腐食がかなり進んでいることが判明したため、細心の注意を払って取り組んだ。耐震性の向上を図るために建物を約1m上げ、外周部及び内周部の土台直下に基礎を新たにつくった。さらに補強のための新たな配筋を行い、床下全面にベタ基礎を施工。約3週間掛けて行なった基礎補強工事完了後も、耐震性能確保のために、既存構造材を一つひとつチェックして取り替えた。予想以上の時間を費やすこととなったが、瓦屋根を支えていた母屋や垂木など、構造材は全面的に改修している。
協力業者など関係者が一堂に会した完成披露会では良い建物に生まれ変わったと、皆で喜びを分かち合えた。新築でも十分建てられるほどのコストが掛かったものの、クライアントにも大変喜んでいただくことができた。約一世紀前の大工職人の技と現代の建築技術の融合。この古民家再生を通じて、伝統技術、風土、歴史、文化を大切に受け継いでいくことの大切さを再認識させられた。

 

 

歯科石井醫院  改修工事

施工担当:湯藤龍太

 

 

施  主:歯科石井醫院
建築場所:篠山市黒田
主要用途:歯科医院
工事種別:古民家改修
竣工年 :2008年
施工担当:湯藤龍太
構造規模:木造 地上2 階建
敷地面積:229.08㎡
延べ面積:214.79㎡
受賞歴 :歯科医院デザインアワード2016 審査員特別賞

 

 

 

next▶  近作を振り返って#08 「兵庫陶芸美術館 新築工事」

 

NEWS & TOPICS一覧へ

Yoshizumi 情報マガジン

お客様の課題解決に役立つ事例、モノづくり・コトづくりのストーリーとともにご紹介いたします。
(※ご登録は無料です。)

×