ソリューション

PSH

昔の人たちは、ごく自然にエコな暮らしを営んでいました。夏は涼しく、冬は暖かいパッシブデザインな「木の家」で。パッシブとは、アクティブ(能動的)の対義語で受動的という意味。
パッシブデザインとは、エアコンなどの機械を使わず、「自然エネルギー」をそのまま利用して快適な家造りをしようとする設計思想・設計手法のことを言います。「自然エネルギー」それは、太陽の光、熱、そして風のこと。それらの力を上手に活用することで、地球にやさしく、そして健康的な暮らしができます。そんなパッシブデザインの手法を取り入れて、郊外や都市部といった立地にかかわらず、家の建て方を工夫することで快適でエコな暮らしを実現する。それが、吉住工務店のめざすパッシブソーラーハウスです。

エアパスの家

Yoshizumi 情報マガジン

お客様の課題解決に役立つ事例、モノづくり・コトづくりのストーリーとともにご紹介いたします。
(※ご登録は無料です。)

×