NEWS & TOPICS

  • HOME
  • NEWS & TOPICS
  • 2019年 まこと真実一路かんらんさいカレンダー

2019.08.012019年 まこと真実一路かんらんさいカレンダー

2019年吉住工務店カレンダー

 

まこと真実一路かんらんさいカレンダー

吉住工務店のカレンダーは仏画作家の観瀾斎(かんらんさい)様に製作していただいています。

観瀾斎様の作品をカレンダーに使わせていただいて9年目を迎えます。

カレンダーの表題「かんらんさい まこと(真実一路)カレンダー」は、吉住工務店の社是「真実一路」からとりました。

またカレンダーの作品12点は、先生のこれまでの作品と新作の中から選ばせて頂いたものです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回の作品について

観瀾斎師の京都東寺での作品展は13回を迎えた。数多の仏様の中で観音様を描く念は、本年カレンダーで感じていただけるのではないかと思う。

与え救おうと、あらゆるすがたになり縁を紡いでくれているものではある。観音さまの深い慈しみと哀れみをもって、明るく、分け隔てない、強く優しい柔和な世界が、一人ひとりに与えられていること教えてくれる。

この作品に触れるあなたに、あなたが帰るべき「家」がある。それは一人でない。あなたを待ち、包む家です。それが13回のテーマ「よみがえり」(魂の再生、魂のもどる処)だと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

作者プロフィール

観欄斎(かんらんさい)

仏版画家

観欄斎の世界~生かされて今を生きる道を通じて、独自の仏画世界を拓く~

1946年 京都府生まれ 現在は兵庫県丹波市にアトリエで制作活動に精進する。

2006年より京都・東寺にて個展を開き昨年秋13年を迎えた。

2009年秋には『百観音』(高さ2m×横28m 木版画)の代表作を公開した。

2011年には『阿吽の双龍』(高さ2m×横4m 木版画)の制作、翌年2月に震災復興の祈願をして福島へ。

寺院、美術館、有名デパートなどで作品展の開催。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

画:観欄斎師

書(表題、作品名):栗原周玉先生

文(キャプション説明、他):谷本 郎

 

 

2019年吉住工務店カレンダー10月2019年吉住工務店カレンダー10月

10月「和(やわらぎ)」

 

2019年吉住工務店カレンダー9月2019年吉住工務店カレンダー9月

9月「舞華(まいか)」

 

 

 

2019年吉住工務店カレンダー8月2019年吉住工務店カレンダー8月

8月「誕生」

 

 

 

 

 

2019年吉住工務店カレンダー7月2019年吉住工務店カレンダー7月

7月「誕生」

 

 

 

 

2019年吉住工務店カレンダー6月2019年吉住工務店カレンダー6月

 

6月「愛」

 

 

 

2019年吉住工務店カレンダー5月2019年吉住工務店カレンダー5月

5月「包愛(ほうあい)」

 

 

2019年吉住工務店カレンダー4月2019年吉住工務店カレンダー4月

4月「陽華(はるか)」

 

 

2019年吉住工務店カレンダー3月2019年吉住工務店カレンダー3月

3月「愉包(ゆほう)」

 

 

2019年吉住工務店カレンダー2月2019年吉住工務店カレンダー2月

2月「燦々光(うらら)」

 

2019年吉住工務店カレンダー1月2019年吉住工務店カレンダー1月

1月「遊戯(ゆげ)」

 

 

NEWS & TOPICS一覧へ