ARCHITECTURE STORY

兵庫県篠⼭市/寄宿舎(グループホーム)/新築/2017年12⽉竣⼯予定

N-PROJECT

平成27年に当社の設計施工により、クライアントの住宅を障がい者の短期入所施設に用途変更し、改装した『おかえ り みずほの家』の隣地に建築中の障がい者のためのグループホームです。敷地は篠山城跡の北側に位置し、城下町 の要素を全体としてよく残し、その歴史的風致を今日に伝えている地域であり、その奥まった住宅密集地にこの建物 は建てられています。このような場所に、地域共生型の障害福祉事業所が実現されていくことは社会的な意味が大き く、地域社会の振興に寄与するプロジェクトになっています。 障がい者が街に慣れ、街が障がい者に慣れていく。街が優しくなると、心の段差がなくなり、生き生きとした福祉社 会が実現していく。そうした障がいのある人と地域のつながりづくりに尽力されてきたクライアントの想いがかたち になり、施設的ではない家庭的で温かみのある空間が実現されています。

建物概要

建物名称 N-PROJECT(ななつ星)
発注者 株式会社みずほ(http://www.mizuho-home.com)
所在地 兵庫県篠山市北新町
用途 寄宿舎(障がい者グループホーム)
工事種別 新築
規模構造 木造/2階建
敷地面積 245.77㎡
延床面積 210.05㎡
竣工年 2017年12月開所予定
担当 Director 藤田瑞夫
Designer 澤田伸一
Estimater 杉山栄一
Site manager 荻野秀明・杉本拓哉

▲TOPへ戻る

Yoshizumi 情報マガジン

お客様の課題解決に役立つ事例、モノづくり・コトづくりのストーリーとともにご紹介いたします。
(※ご登録は無料です。)

×